はじめての英語<スターター>~アドバンス<レベル5>までご用意しています

未来に羽ばたく子どもたち(未来キッズ)とは?

自由自在に自分の意見、思いを英語で発言でき、また相手の文化、言葉を受け入れる包容力を持ち、

世界の一員として未来輝く子供たち」を育てていきます。

簡単な英単語~英語を使って他科目学習(イマ―ジョン教育)へ

小学生クラスでは、

まずは基本的な単語力を身につけ、

聞く、話す、読み、書きの「4技能」へとバランスのよい英語力を養います。 

また、その先には英語を使った他科目学習(イマ―ジョン教育)により、英語を自由自在に発言、想像力できるように

更に深めていきます。

”できた!”を喜び合える環境が子どもたちの自信へと繋がり、自己肯定感をも高めていきます。

コースブック ナショナルジオグラフィック社の”LOOK”シリーズ

”The World is an Amazing Place”

「世界は素晴らしい場所だ!」

アメリカの雑誌 National Geographic 「ナショナルジオグラフィック」

探検家が世界中の地理学、人類学、自然、環境学、科学、歴史、文化などの記事を掲載している有名雑誌の一つです。

こうした素晴らしい写真とビデオで紹介するリアルなストーリーをはじめ、世界各国の子どもたちへのインタビュービデオをを通し、

子どもたちは世界を知り、また自分たちの周囲と関連付けて考え、最終的に英語で自分のことをつたえられるように促します。

英語を通して、世界感を身近に感じとることで、世界で通用する人材の育成を図ります。

<レッスン例>文化の違いについて ~学校編~

例えばこちらのページ

単語は身近なものをピックアップされています。

しかし、写真を見てどうでしょう?

みんなとの違いはなんですか?

「Bag と ランドセル!」

そして、隣には GREEN APPLE?

Why green?

「青りんごと日本語では言うのに、なんで Blueと言わないの?」

Why they have green apple in their backpack?

「なんで、青りんごを学校へもっていくの?」

「給食はあるの、ないの?」

「リンゴをどうやって食べるの?」

とたくさんの、疑問があふれ出てきます。

日常の生活で当たり前のことが、全然違う!!

文化の違いをたっぷり体験できるのがレッスンの特徴でもあります。

<副教材には、ジョリーフォニックスを使用>

ジョリーフォニックス(Jolly Phonics)とは、Jolly Learning社より出版されている

読み書きを習得するための完全な基礎を学ぶための教材。

ジョリーフォニックスは、イギリスの 7 割の小学校で導入されています。

ここでは、こどもたちは、読み書きをするために文字の音をどのように使うかを学びます。

<フォニックスとは?>

英語の文字・スペルと音の関係、またはその教授法・学習法        ※phonics=phon(o)音+ics 学

イメージは、日本語でいう「あいうえお」の学習です。

ジョリーフォニックスでの学ぶ順番

  • 覚える順番は s,a,t,i,p,n,c,k,e…  ⇒アルファベット順ではない。
  • 最初に文字の音を覚える     ⇒文字の名前は、あとから覚える。
  • 使用頻度の高い小文字から    ⇒大文字は、あとから覚える。

<読み書きのための基本的な5つの技能>

  1. 文字の音を覚えること
  2. 文字の形を覚えること
  3. ブレンディングすること (文字と文字をつなぎ合わせて一つの単語として読むこと)
  4. 単語の中にある音を識別すること
  5. ひっかけ単語を正しく綴ること

はじめての<スタータークラス>~アドバンス<5レベル>までのコース

  対象開催教室 レッスン時間   講師   定員 お月謝 
  小学生~月(東住吉)
火、木(本校)
水(平野)
週1回(50~60分)外国人講師  8名8,800円~/月

レッスン スケジュール 例(Schedule)

  • Greeting
  • Circle Time (QA)
  • Jolly Phonics
  • Vocabulary
  • Today’s Topic
  • Watch VTR or Activity
  • Goodbye Time

この情報へのアクセスはメンバーに限定されています。ログインしてください。メンバー登録は下記リンクをクリックしてください。

既存ユーザのログイン